ネットで通販!補聴器の選び方ガイド

ホントのことを言えば、補聴器はできればお店に行って買うのがベストなのです。
補聴器を販売しているお店では、無料で試聴させてもらえるので、ためしに耳につけてみて、音がどう聞こえるのか、
耳の中に異物を入れることの違和感がどうなのか、ちゃんと把握してから買う、というのが本来の補聴器の買い方なのです。
特に、難聴の程度が重い場合は、まず最初に補聴器外来のある耳鼻科に行って耳の状態を正確に測定し、そのデータを持って補聴器販売店に行くべきです。

ですが、補聴器が必要な本人が、あまり気乗りしていない場合や、難聴の程度が比較的まだ軽いのであれば、ネットで補聴器を選ぶ、というのも「アリ」かとは思います。

補聴器には大きく分けて3つのタイプがあります

一口に「補聴器」と言っても、様々なタイプの補聴器があることをご存知ですか?
そのことを知らないと、補聴器選びはできません!
まずは、補聴器にはどんなものがあって、それぞれどんな特徴があるのか、しっかり把握していただく必要があります。
その上で、ご自分のライフスタイルといちばんピッタリ合う補聴器を絞り込んでいく、というのが良い補聴器を選ぶステップになります。

ここでは、補聴器の主なタイプを3つに分けて解説しますので、それぞれの特徴を知っていただき、どの補聴器を選ぶのか考えてみてください。

その1:箱型・ポケット型

箱型の補聴器は、最もサイズの大きい補聴器になります。
たばこの箱ぐらいの大きさの機械がメインとなり、そこに電子部品を組み込んでいます。また、マイクも箱に付属している場合が多いです。
そして、箱型の機械からコードが伸びていて、耳につけるイヤホンが先端についている、というのが基本的な構造です。
箱型の補聴器の特徴は、ある程度の大きさの機械が設置できるので、音を大きくする性能に優れている、ということが挙げられます。
ですから、難聴の程度が重い人でも、しっかり音を増幅してくれるので、聞き取りやすさを感じることが出来るでしょう。
また、機械が大きいため、お年を召した方でも操作がしやすい、というのも大きな特徴です。
反面、そのサイズの大きさは、いかにも「補聴器をつけてます」というのが周囲に分かってしまいますし、外出時には胸ポケットのある服を着る必要があるのは、ちょっとわずらわしく感じられるかもしれません。

その2:耳かけ型

耳かけ型の補聴器は、本体が耳の耳介の後ろにひっかける形になっていて、そこから短いコードが伸びてイヤホンがついている、という構造になっています。
本体の機械の大きさは箱型に比べてとても小さくなっているので、補聴器をつけるわずらわしさはいくらか軽減されています。

そして、耳穴式よりは機械が大きいので、音の増幅もしやすくなっています。全体的にバランスのとれたタイプの補聴器になっています。

欠点としては、本体を耳の耳介に沿わせて設置するために、汗の影響を受けやすい、という点が挙げられます。
汗をかきやすい人は布製のカバーをかけるか、他のタイプの補聴器を選択するのがいいかもしれません。
また、箱型の補聴器に比べればあまり目立たないとはいえ、やはり補聴器をつけているのは周囲の目から見るとわかってしまうので、恥ずかしいと感じる人がいるかもしれません。

その3:耳穴型・インナーイヤー型

耳穴型の補聴器は、最も小さな補聴器のタイプで、機械の全部品が耳穴に収まる構造になっています。
ですから、周囲の人は補聴器をつけていることにはまず気づかないでしょう。
また、本体を耳にかけたりポケットにいれたりするわずらわしさからは完全に解放され、慣れれば補聴器をつけていることを忘れてしまうぐらいフィットします。

反面、補聴器としての機械をすべて耳の穴に入る大きさに収めるために、非常に精密な機械構造になっていて、とても故障しやすいです。
また、音を大きく増幅する力が弱いため、重度の難聴の方には厳しい場合があります。
そして、とても精密な機械だけに、値段も非常に高価になっています。
さらに、機械が非常に小さいために操作をするのも難しく、手先が細かく動かれる人がいないとセッティングができない・・・ということも。

いかがでしょうか?補聴器には大きく分けてこの3つのタイプがあります。
それぞれ長所と短所があります。ご自分が補聴器をどのようにつけるのか、補聴器をつけてどのような生活をおくるのか、よくライフスタイルを考えてチョイスしてみてください。